タグ・アーカイブ: 集団自決

Pocket
LINEで送る

1944(昭和19)年6月、12万7000人の上陸部隊を乗せた輸送船団と、約900機の航空機を搭載した空母15隻からなる、計500隻のアメリカ軍大艦隊がマリアナ諸島沖に突如出現しました。日本が設定した「絶対国防圏」の中で最も重要な地点のうちの一つであり、「難攻不落」と言われたサイパンが陥落し、日本軍機動部隊も壊滅してしまったマリアナ諸島をめぐる戦いとはどのようなものだったのでしょうか。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

前項「ソ連の満州侵攻(上)―参戦準備と戦闘開始まで」では、ソ連が1945(昭和20)年8月9日にソ連・満州国境(ソ満国境)を越えて進行して来るまでを解説しました。ここでは、引き続きソ連が満洲に侵攻した夏 (文春文庫)から、ソ連侵攻下の開拓民が置かれた悲惨な状況と、シベリア抑留がどのようにして実行されたのか、詳しく見ていきます。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

太平洋戦争の日本本土における地上戦で、最大の被害を出した沖縄戦。軍民合わせて20万人が亡くなった地上戦は、どのようなものだったのでしょうか。本項では、沖縄戦の地上戦の全体像を概観します。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る