永久抗戦せよ-フィリピン防衛戦

Pocket
LINEで送る

マリアナ諸島を攻め落とし、日本機動部隊を完膚なきまでに叩きのめした連合軍は、フィリピンへ大軍を向かわせました。フィリピンの日本陸軍は状況判断ミスにより、兵力を分散させることに。援軍の見込みはなく、「永久抗戦せよ」の命令の元ジャングルの中で終戦が来てもなお戦い続けた、フィリピン防衛戦を概観します。

 

 

国運を賭けた「捷一号作戦」

日本軍は1944(昭和19)年7月、「絶対国防圏」の主要な一角であるマリアナ諸島を失いました。したがって大本営としてはさらに方針を転換せざるを得ず、守備範囲を一層縮小することを決定しました。それは、千島、本土、南西諸島、台湾、フィリピンに至るラインで、これまで大きく太平洋にせり出していた日本の勢力圏はほぼ消滅しました。そしてこのラインに沿って、敵が攻撃してくれば随時陸海軍の戦力を結集し、反撃するという構想を立てました。これが「捷号(しょうごう)作戦」です。「捷」は「勝」と同じ意味です。捷号作戦は南から一号、二号…と地域に応じて番号が振られており、フィリピン方面は「一号」であったことから、フィリピンへ進攻してきたアメリカ軍への迎撃は「捷一号作戦」と呼ばれました。

※絶対国防圏とマリアナ諸島の戦いの詳細はこちら ➡ 崩壊する戦線(4)-絶対国防圏の崩壊:マリアナ沖海戦とサイパン陥落

捷号作戦の特徴は、これまで部分的に協力することはあったにせよ、基本的に陸軍と海軍の作戦は個別に行われていたものが、開戦以来初めて陸・海・空の立体的な戦争展開を構想したことです。そのため、フィリピンにおける戦いは、アメリカ軍上陸地点およびルソン島を中心とした陸の戦い、艦隊決戦、航空決戦の3つが連動して行われるものとなりました。

フィリピンの海・空の戦いについてはこちらをご覧ください ➡ 戦艦武蔵沈没す―レイテ沖海戦(1944.10.23-25)

アメリカ軍のうち、南西太平洋軍(総司令官マッカーサー元帥)はニューギニアからフィリピンへ進攻することになっていました。1944(昭和19)年10月、西部ニューギニアより上陸部隊の輸送船団をフィリピンへ送り込み、10月20日、フィリピンのレイテ湾に上陸を開始しました。

レイテ島に上陸するマッカーサー元帥
レイテ島に上陸するマッカーサー元帥。フィリピンを脱出する際の言葉「私は必ずや戻るだろう」(I shall return.)を体現した瞬間だった。

 

フィリピン防衛の重要性

フィリピンは、太平洋戦争開始早々にアメリカに代わって占領をした日本にとっても重要な場所でした。フィリピン自体が資源の産地であるばかりでなく、ボルネオ、ジャワ、マレー半島といった南方の資源地帯から運ばれてくる資源の輸送ルートに当たり、フィリピンをアメリカに取られれば、石油をはじめとする重要資源の輸送がおぼつかなくなり、戦争の継続そのものが難しくなります。しかし、この時期になると日本陸軍は太平洋の広範囲に兵を分散させており、フィリピンの全ての重要地域に満足な兵を配置する余裕はありませんでした。そこで、フィリピン防衛にあたっていた陸軍の山下奉文(ともゆき)大将(第十四方面軍司令官)は、首都マニラのあるルソン島に兵を集中させ、ルソン島を防御の中心とする方針を固めていました。 

フィリピン要所図青=レイテ湾緑=タクロバン(レイテ島)紫=マニラ(ルソン島)、ピンク=セブ島

 

台湾沖航空戦がもたらしたフィリピン防衛の錯誤

しかし、山下大将のルソン島防衛計画は、大本営陸軍部、そして直属の上官である南方軍総司令官寺内寿一(ひさいち)大将によって覆されました。それは、10月12日から16日頃にかけ行われた「台湾沖航空戦」によって、日本軍がアメリカ軍空母機動部隊に大打撃を与えたと海軍首脳以外には信じられていたためです。大本営と寺内司令官は、レイテ湾に現れたアメリカ軍輸送船団と艦隊が台湾沖航空戦で敗れた敗残部隊であり、レイテ島に積極的に進出して上陸部隊を撃破すべきであると考えたのです。

※台湾沖航空戦の詳細は ➡ 戦艦武蔵沈没す―レイテ沖海戦(1944.10.23-25)

台湾沖航空戦で低空飛行で弾幕を潜りアメリカ艦隊に雷撃を試みる一式陸上攻撃機の編隊
台湾沖航空戦で低空飛行で弾幕を潜りアメリカ艦隊に雷撃を試みる一式陸上攻撃機の編隊

 

台湾沖航空戦の結果について、当初大戦果を報告した海軍では、国中が歓喜に湧く中、それが事実誤認であったことを知りながら、陸軍にすら知らせていませんでした。そのため陸軍中枢ではアメリカ軍機動部隊が壊滅したものと思い込み、この機会を捉えて撃滅すべきであると考えたのです。しかし、台湾沖航空戦以降も前線で毎日アメリカ軍艦載機が飛び回っていることを知っている山下大将は、アメリカ軍機動部隊が壊滅したとは考えていませんでした。そのため、これまで部隊の準備を整えていないレイテ島へ急遽部隊を移動させることには反対でした。しかし、大本営及び寺内司令官はルソン島の兵をレイテへ移動させるよう命じ、山下大将はルソン島へ守備用の兵を残す他は、ルソン島へ移動を開始させました。

山下奉文大将
山下奉文大将

 

アメリカ軍レイテ島上陸

アメリカ軍はレイテ島に続々と兵を送り込み、最終的に20万人以上に達しました。これに対し、戦闘に参加した日本軍は約9万人でした。アメリカ軍が最初に上陸した「タクロバン」(Tacloban)の周辺を始めとして、各地で激戦が繰り広げられました。捷一号作戦では、連合艦隊が最後の力を振り絞ってレイテ湾のアメリカ輸送船団を叩くはずでした。しかし、栗田艦隊はレイテ湾への突入を諦めて反転し、日本本土へ引き返してしまったため、レイテ島の陸上部隊は次々に送り込まれてくるアメリカ軍と、海からの援護なしに戦う必要がありました。

レイテ島に上陸するアメリカ軍
レイテ島に上陸するアメリカ軍

 

アメリカ軍オルモックに上陸

アメリカ軍は日本軍の意表をついて島の反対側に回り込み、12月7日、レイテ島司令部が置いてあった「オルモック」(Ormoc)に上陸。司令部が攻撃を受ける事態となり、タクロバン方面で進んでいた落下傘部隊と地上からの攻撃による飛行場奪還作戦も中止となりました。オルモックを奪われた日本軍は、それ以降統制のある行動を取ることはできず、各部隊がそれぞれの判断で戦いを続けました。

アメリカ軍のレイテ島上陸経路
アメリカ軍のレイテ島上陸経路

 

「死ぬまで戦え」という命令

12月中旬にはアメリカ軍はルソン島へ上陸する動きを見せ、実質的にレイテ島守備の必要性は無くなってしまいました。山下大将はレイテ島の司令部など一部の将兵約900名にセブ島へ移動することを命じ、残存部隊には「永久抗戦命令」を出しました。死ぬまでレイテ島で戦えという命令です。レイテ島の日本軍は見捨てられた形となり、生きている将兵は終戦まで戦い続けました。それどころか、終戦を過ぎても日本が降伏したことを信じられず、その後も戦い続けました。レイテ島の戦いにおける日本軍戦死者は、レイテへ向かう輸送船ごと沈没した将兵も含めると、最大で約9万人と推定されています。捕虜は約1,500人(終戦までが約800人、終戦後が約700人)でした。一方のアメリカ軍の戦死者は3,504人、行方不明89人、戦傷11,991人でした。

レイテ島を進撃中のアメリカ第1騎兵師団
レイテ島を進撃中のアメリカ第1騎兵師団

 

 

ルソン島へ

1945(昭和20)年1月9日、アメリカ軍はついに「リンガエン湾」よりルソン島に上陸しました。日本軍はレイテ島に多くの部隊を送り込んでおり、最初から持久戦に徹して長く抵抗を続けようとしました。そのため、アメリカ軍は上陸初日に約19万人が一挙に上陸できました。

リンガエン湾に上陸するアメリカ軍
リンガエン湾に上陸するアメリカ軍

 

ルソン島は北海道と四国を合わせたよりも少し広い、大きな島です。そのため、日本軍は三つの部隊に分け、島の防衛にあたりました。

  • 【尚武(しょうぶ)集団】山下奉文大将直率。約15万2000人(飛行部隊の整備・補給担当など約7万人を含む)。リンガエン湾からルソン島北部を担当。
  • 【振武(しんぶ)集団】横山静雄中将指揮。約10万5000人。ルソン島中南部を担当。
  • 【建設(けんぶ)武集団】塚田理喜智中将指揮。約3万人。マニラ西部クラーク飛行場群の西方を担当。

尚武集団には約200両の戦車、75ミリ大砲32門、自動車約1000両、人員8,000人を備えた戦車部隊(戦車第二師団)がありました。この戦車部隊はアメリカ軍がリンガエン湾に上陸してきた際、アメリカ軍の戦車部隊を迎え撃ちました。しかし、日本軍の戦車はアメリカ軍の戦車に比べ砲の威力が弱く、またアメリカ軍戦車は装甲が分厚かったので、砲弾が命中しても貫通せず、跳ね返ってしまいます。一方で、アメリカ軍の戦車の砲弾は日本軍の戦車を次々に仕留め、自慢の戦車部隊は早い段階で戦車180両、大砲24門、自動車約300両、人員約2,000人以上を失ってしまいました。

 

多数の市民を巻き添えにしたマニラ市街戦

山下大将はマニラから日本軍が撤収するよう命じましたが、海軍の部隊(第三十一特別根拠地隊)は命令に従いませんでした。この部隊と、召集されたマニラ在住の日本人が中心となった陸軍部隊とを合わせ、約2万人がマニラに立てこもりました。アメリカ軍が進入する以前から、日本軍はアメリカ軍への協力者という理由で多くのマニラ市民を虐殺しました。フィリピンには日本軍占領当初からアメリカ軍が育てた現地人ゲリラが多数いたため、一般市民との見分けが困難であったことから、容疑がかかると即座に殺害するケースが頻繁に見られました。

日本軍はビルに立てこもり、そこにアメリカ軍は砲撃を集中したため、マニラ市街はがれきの山となり、「東洋の真珠」と謳われた美しい街並みは完全に破壊されてしまいました。そして日本軍は全滅しました。約20日間続いたマニラ市街戦に巻き込まれた市民の犠牲者は約10万人といわれます。

日米の交戦によって廃墟と化したマニラ市街
廃墟と化したマニラ市街

 

峠道の死闘

日本軍主力である尚武集団はルソン島北部にいたので、アメリカ軍はこれを追いました。日本軍司令部のあった「バギオ」へ向かう「サラクサク峠」と、ルソン島を北へ抜ける「カガヤン河谷(かこく)」の入り口にある「バレテ峠」で両軍が激しく激突。サラクサク峠の戦いは、1945年3月初旬から、5月26日までの約3か月間続きました。日本軍は約5000人の戦死者を出して敗退しました。バレテ峠では2月中旬から5月末まで戦闘が行われ、日本軍は約7000人の戦死者を出して撤退しました。

バレテ峠をほふく前進するアメリカ軍歩兵
バレテ峠をほふく前進するアメリカ軍歩兵

 

重要な拠点を突破された後、日本軍は各地でゲリラ化して戦闘を続けました。アメリカ軍はバレテ峠を落としてから約1か月後の6月28日、ルソン島作戦終了の宣言を出します。この頃には沖縄の組織的戦闘も終了していました。

ルソン島北方の日本軍要地青=リンガエン湾(アメリカ軍上陸地点)紫=バギオ(日本軍司令部)オレンジ=サラクサク峠(おおまかな場所)茶=バレテ峠(おおまかな場所)ピンク=カガヤン河谷(かこく)緑=マニラ(首都)

 

アメリカ軍の20倍以上の死者を出した末の敗北

日本の降伏・終戦までの約二か月、山中に残った日本兵は餓死したりフィリピン人ゲリラに捕まって殺害されたりと、多くが命を落としました。ルソン島の日本軍戦死者は約21万8200人。対するアメリカ軍の損害は、戦死7933人、戦傷3万2732人でした。

フィリピン防衛戦全体では、その後の各島の掃討戦の戦死者も含めると日本軍は49万8600名の犠牲者を出しました。一方で、太平洋戦争を通じて、フィリピン人の犠牲者はゲリラ部隊を含め約100万人とされています。フィリピンにおける日本とアメリカの戦いで、最も多くの犠牲を出したのは現地の人々でした。

 

フィリピン陥落によって日本はシーレーンを絶たれた

フィリピンを奪回したアメリカは、フィリピンの飛行場を整備し、日本の資源輸送路(シーレーン)を空からも断ち切るべく行動を開始しました。元々アメリカ軍の潜水艦の活動によって大打撃を受けていた日本の輸送船団は、空からも猛烈な攻撃にさらされることとなり、南方資源地帯からの資源輸送は絶望的となりました。したがって、フィリピン陥落によって日本が長期的に戦争を継続できる見込みはほぼ無くなったと言えます。フィリピンの北には台湾が、そしてその北には沖縄が連なります。連合軍は日本本土上陸へ王手をかけたのでした。

 

本項は、「図説 太平洋戦争・16の大決戦 (ふくろうの本)」「レイテ沖海戦 (歴史群像 太平洋戦史シリーズ Vol. 9)」を元に構成しました。

photo: wikimedia, public domain
トップ画像:レイテ島に上陸するマッカーサー元帥

 


 

Pocket
LINEで送る