帝国 無条件降伏す―聖断・宮城事件・玉音放送

Pocket
LINEで送る

日中戦争開始から足掛け8年、軍隊も国家経済も破綻状態にあった日本は、ソ連侵攻と2発の原爆により、ついに無条件降伏を決定しました。日本が帝国として、明治維新以来77年進んだ歩みを、自ら閉じる「その日」にいたる激動の道程です。

 

ソ連に託した一縷の望み:日本の和平工作

悪化する一方の戦況

1944(昭和18)年7月のサイパン島陥落で、日本が設定した「絶対国防圏」の主要な一角が破られ、続く10月にはフィリピンへアメリカ軍が上陸。そのころには日本の連合艦隊も壊滅し、日本近海まで制空権・制海権を握られました。アメリカ軍の潜水艦や軍艦、飛行機に阻まれ、ボルネオ・ジャワ・マレー半島などの南方資源地帯からの資源供給もほとんど届かなくなり、戦争継続はおろか市民の日々の生活のための食糧や資源もいよいよ底をつくようになります。

1945年に入ると、アメリカ軍はサイパンのあるマリアナ諸島と日本本土の中間地点である硫黄島(いおうとう)へ上陸し(2月)、3月10日にはサイパン島などから飛び立った300機以上のB-29により、東京の下町を一晩で壊滅させました。そして 4月1日にはついにアメリカ軍が沖縄本島に上陸します。ヨーロッパ戦線では、イタリアは1943(昭和18)年9月に既に連合軍に降伏しており、ドイツでは1945年、ナチス総統のヒトラーが4月30日に自殺し、ドイツは5月7日に降伏しました。これにより、世界で連合軍と戦うのは日本だけとなりました。

東京大空襲
3月10日、大空襲の夜が明けた東京下町。煙がくすぶる。一晩で約10万人が死亡した。全国の都市が焼夷弾無差別爆撃に襲われる幕開けだった。

 

和平の模索

この頃になると、日本の内外で様々な人たちが日本と連合国の和平を模索(終戦へ道筋をつける)するようになります。そのうち日本政府が最も期待したのが、ソ連を仲介役として、アメリカ、イギリスなどの連合国との和平交渉をすることでした。

ドイツとの戦いに勝利を確信したソ連は、4月半ばごろから満州・ソ連国境などの極東地域へ大軍を移動させていました。そのような状況分析により、参謀本部(日本陸軍の作戦を立案する中枢機関)ではこの年の8月末か9月初めには日本に対して戦争を始めるのではないかと考えていました。また、ソ連は4月5日、日本に対し翌年期限切れとなる「日ソ中立条約」を延期しないと通告しました。

日本政府と軍部が初めてこの終戦に向けた問題を討議したのは、ドイツ降伏後の1945年5月11日のことでした(最高戦争指導会議構成員会議)。この会議で、以下の3項目を目的としてソ連と交渉を開始することを話し合い、6月の御前会議(天皇出席の元行われる最高の意思決定会議)で具体的にソ連に対し働きかけをすることが決まりました。

  1. ソ連の対日参戦防止
  2. ソ連の好意的態度の誘致
  3. 有利な戦争終結の仲介を依頼する

仲介を依頼するからには、見返りがなくてはなりません。日本はソ連に対し、日露戦争以前の国境線に戻すことを基本とし、南樺太の返還や満州におけるソ連への権益の譲渡などを交渉仲介の見返りとして考えました。そして元首相の広田弘毅(ひろたこうき)や近衛文麿(このえふみまろ)を特使(特別の命を帯びた使者)として派遣。何度か話し合いが持たれたものの、ソ連側はのらりくらりとかわすばかりで交渉は一向に進展しませんでした。

ソ連は1945年2月にアメリカ、イギリス、ソ連首脳の間で行われた「ヤルタ会談」にて、ドイツ降伏後90日以内に対日参戦するという密約を交わしていました。そのため、ソ連側に日本の和平工作に応じるつもりはありませんでしたが、日本は最後までそのことを見抜けず、ソ連の仲介に望みを託していました。

 

ポツダム宣言とソ連平和工作の失敗

日ソ中立条約を結んでいたため、1945年7月26日に発表された「ポツダム宣言」には、当初ソ連は表面上参加はしていませんでしたが、ドイツのポツダムで行われた会談にはソ連の最高指導者スターリンは参加しており、アメリカのトルーマン大統領、イギリスのチャーチル首相とともに、第二次世界大戦後の諸問題を話し合っていました。ソ連はその後、日本への宣戦布告と同時にポツダム宣言に参加します。

ポツダム宣言の解説ページはこちら ➡ ポツダム宣言―連合国の降伏勧告

ポツダム会談
ポツダム会談の首脳たち。前列左からイギリスの新しい首相アトリー(チャーチルとは会談中に交代)、アメリカ大統領トルーマン、ソ連最高指導者スターリン

 

ポツダム宣言を「黙殺」することに日本政府は決めましたが、それは連合国にポツダム宣言の「拒否」と受け取られました。その後8月6日に広島へ原爆が投下され、広島市は一瞬で壊滅してしまいました。8日夜、ソ連の外務大臣モロトフの呼び出しを受け、駐ソ連大使の佐藤尚武が会いに行きました。日本としては、和平仲介工作に対する返事をもらえると期待していましたが、そこでモロトフが告げたのは、対日宣戦布告でした。「日ソ中立条約」はまだ来年までは有効のはずでしたが、それを破っての突然の通告でした。そしてその直後、8月9日未明に満州国境に配備していたソ連の大軍団が満州へ攻めてきたのでした。

ソ連の満州侵攻の解説はこちら ➡ ソ連の満州侵攻(上)―参戦準備と戦闘開始まで

 

天皇が決めた「無条件降伏」

ソ連の満州侵攻を受け、9日午前10時30分より、日本側は「最高戦争指導会議」にて今後の処置を話し合いました。徹底抗戦を主張する軍部(ただし海軍大臣米内光政(よないみつまさ)は和平に賛成だった)と、降伏(ポツダム宣言受諾)を主張する鈴木首相・東郷外務大臣らとの間で意見がまとまらず、会議は平行線をたどりました。その日はその後も断続的に複数の会議が行われ、日付も変わる午後11時50分より、皇居の防空壕の一室で天皇臨席のもと再度会議が行われました(御前会議)。午前二時過ぎまで激論は続けられましたが、結論は出ませんでした。そのため天皇は意見を求められ、次のような趣旨のことを述べました。

我が国の現状、列国の情勢などを顧みるとき、これ以上戦争を続けることはわが民族を滅亡せしめるのみならず、世界人類を一層不幸に陥れるものである。自分としては、これ以上戦争を続けて無辜(むこ)の国民を苦しめるに忍びないから、すみやかに戦争を終結せしめたい。

出典:「図説 太平洋戦争

ここに初めて明確に連合国に対して無条件降伏する意思が示されました。これは「聖なる判断」ということで「聖断」(せいだん)と呼ばれています。

 

"Subject to" の真意を探れ

天皇の判断に従い、8月10日に日本から連合国にポツダム宣言受諾の意思を申し入れました。この時、ポツダム宣言には天皇の地位についてはっきりと書かれていなかったので、降伏後に天皇を中心とする日本の体制は維持されるのか(国体護持)、について確認するよう、特に軍部から強い要望があり、それについての確認が行われました。

アメリカ側からの返答は、

天皇及び日本国政府の国家統治の権限は、連合国最高司令官に "subject to" する

the authority of the Emperor and the Japanese Government to rule the state shall be subject to the Supreme Commander of the Allied powers

出典:日本語「あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)」、英語「Wikisource

というものでした。この "subject to" の訳し方について様々な意見が飛び交い、最終的に外務省は「制限下におかる」と訳しました。これであれば、連合軍による制限は加えられつつも、国体は護持できると考えられます。しかし、陸軍は「隷属する」と訳すのが正確だと反論しました。隷属では天皇は完全に連合軍の下に置かれることとなり、絶対飲める条件ではないと反発しました。さらに外務省が "subject to" の真意を確認したところ、アメリカ側は「文字通りの意味である」と返答。陸軍はこれでは国体護持は図れないと主張し、戦争継続を強く訴えました。

政府・軍部は再び混乱し、みかねた天皇は14日午前、御前会議を自ら召集。その場で、

反対論の趣旨はよく聞いたが、私の考えは、この前いったことに変わりはない。私は、国内の事情と世界の現状を十分考えて、これ以上戦争を継続することは無理と考える。

出典:「あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)

と述べました。出席者たちは全員すすり泣きを始めました。この天皇の言葉で日本のポツダム宣言受諾は動かせぬものとなりました。

 

宮城事件―陸軍将校によるクーデーター未遂

無条件降伏を決めた政府・軍中枢にとって、それを国民と、各地で展開している軍にどのように伝えるかが次の大きな課題となりました。これまで「神州不滅」(しんしゅうふめつ=日本は神の国であるから永遠に滅びない)、「一億総特攻」をスローガンに、本土決戦を呼びかけてきていたため、無条件降伏に納得できず反乱が起きる可能性が危惧されました。そのため、連合国に対しては秘密裏に14日中にポツダム宣言受諾を伝え、国民に対しては14日夜に宮内省で天皇が「終戦の詔書」(正式名称:大東亜戦争終結ノ詔書)を朗読したものを録音し、15日正午にNHKから国内全域と海外の日本領に向けラジオ放送することになりました。

14日、御前会議で無条件降伏が決まったことを知った近衛(このえ)第一師団※1の一部の将校は、陸軍省軍務局の青年将校と組んで、降伏を阻止するためにクーデターを起こしました。皇居は当時「宮城」(きゅうじょう)と呼ばれていたことから、このクーデター事件を「宮城事件」と呼びます。彼らは近衛第一師団長の森中将の説得を試みるも、クーデターに応じないと見るやピストルで殺害しました。そしてニセの命令を部隊に下し、宮城を包囲して天皇を隔離し、「玉音放送※2の録音を阻止しようとしました。
※1 近衛師団…天皇と皇居(宮城)守るための陸軍部隊
※2 天皇の肉声を「玉音」(ぎょくおん)と呼んだことから、「玉音放送」と呼ばれている

近衛第一師団長 森 赳 中将
近衛第一師団長 森 赳(たけし)中将。陸軍省軍務局員の畑中健二少佐から発砲を受け、さらに航空士官学校の上原重太郎大尉から刀で切り付けられ死亡した。

 

クーデター首謀者たちは玉音が録音された録音盤(レコード)のありかを探し、宮内省(現在は「宮内庁」だが当時は「省」)に侵入し職員を監禁・脅迫しますが、見つけることができませんでした。そうしている間に近衛師団と宮城に異変が起きていることを察知した陸軍上層部が駆け付け、クーデターを沈静化させました。首謀者であった将校たちは、15日朝、自決(自殺)または逮捕され、クーデターは失敗に終わりました。

 

玉音放送

玉音放送を必ず聞くよう呼びかける8月15日の新聞朝刊
玉音放送を必ず聞くよう呼びかける8月15日の新聞朝刊。 出典:朝日新聞社「朝日新聞号外(1945年8月15日版)」

 

1945(昭和20)年8月15日正午、予定通り国内外に向けて、「終戦の詔書」の天皇による朗読が放送されました。詔書の趣旨は、まずポツダム宣言を受諾「した」ことを宣言し、戦争の趣旨と、降伏せざるを得ない状況を説明しています。その後、戦争で犠牲になったり被害に遭った人々への哀悼の意を述べ、今後来るであろう非常な困難にも力を合わせて団結しよう、と述べています。特に、感情的になって停戦の命令を聞かないことがないように戒めています。現代語訳は以下の通りです。

世界の情勢と日本の現状を深く考えた結果、緊急の方法でこの事態を収拾したい。忠実なあなた方臣民に告ぐ。

私は、「共同宣言を受け入れる旨をアメリカ、イギリス、中国、ソビエトの4カ国に伝えよ」と政府に指示した。

日本臣民が平穏無事に暮らし、全世界が栄え、その喜びを共有することは歴代天皇が遺した教えで、私も常に心に持ち続けてきた。アメリカとイギリスに宣戦布告した理由も、日本の自立と東アジアの安定を願うからであり、他国の主権や領土を侵すようなことは、もともと私の思うところではない。

だが戦争は4年も続き、陸海将兵の勇敢な戦いぶりも、多くの官僚の努力も、一億臣民の奉公も、それぞれが最善を尽くしたが戦況はよくならず、世界情勢もまた日本に有利ではない。その上、敵は新たに、残虐な爆弾を使用して多くの罪のない人を殺し、被害の及ぶ範囲を測ることもできない。このまま戦争を続ければ、日本民族の滅亡を招くだけでなく、人類の文明も破壊してしまうだろう。

そんなことになってしまえば、どうやって私は多くの臣民を守り、歴代天皇の霊に謝罪すればよいのか。これが、私が政府に共同宣言に応じるように命じた理由だ。

私は、東アジアの解放のために日本に協力した友好国に対して、遺憾の意を表せざるを得ない。戦地で命を失った者、職場で命を失った者、思いがけず命を落とした者、またその遺族のことを考えると、身も心も引き裂かれる思いだ。戦争で傷を負い、被害にあって家や仕事を失った者の生活についても、とても心配だ。

これから日本はとてつもない苦難を受けるだろう。臣民のみんなが思うところも私はよくわかっている。けれども私は、時の運にも導かれ、耐えられないことにも耐え、我慢できないことにも我慢し、今後の未来のために平和への道を開いていきたい。

私はここに国体を守ることができ、忠実な臣民の真心を信じ、常に臣民とともにある。感情の赴くままに問題を起こしたり、仲間同士で排斥したり、時局を混乱させたりして、道を外し、世界からの信用を失うことは、私が最も戒めたいことだ。

国がひとつとなって家族のように団結し、日本の不滅を信じ、責任は重く、道は遠いことを心に留め、総力を将来の建設のために傾け、道義を大切にし、固くその考えを守り、国体の本質を奮い立たせ、世界の流れから遅れないようにしなさい。

あなた方臣民は、これらが私の意志だと思い、実現してほしい。

出典:Huffington Post 玉音放送を現代語訳で「耐えられないことにも耐え」【終戦記念日】

終戦の詔書原文(常用漢字版)はこちらで読めます ➡ 終戦の詔書(大東亜戦争終結の詔書)

 

玉音放送の音声

出典:「徳島新聞動画 TPV(Tokushima Press Video) 玉音放送原盤公開 宮内庁」

 

終戦の詔書
終戦の詔書(一部)

 

玉音放送そのものは音声が途切れがちだったり、使われている言葉が難しかったことにより、はっきり意味の分かる人は限られていましたが、雰囲気やその後のラジオの解説などにより、国内外の国民は日本が降伏したことを知りました。軍に対しては、翌16日、正式に停戦命令が下され、順次武装解除がなされました。当初、停戦命令に従わない部隊も一部あったものの、大きな反乱などはありませんでした。しかし、玉砕した太平洋の島々で生き延び、ゲリラ化して山中にこもっていた日本兵の中には、終戦と投降の呼びかけを信じることができず、戦後しばらくそのまま山中で暮らし続ける例が多数ありました。

日本の無条件降伏を喜ぶパリのアメリカ軍人
日本の無条件降伏を喜ぶパリのアメリカ軍人

 

9日から満州に侵攻を開始したソ連軍は日本がポツダム宣言受諾を通告しても進撃を止めず、そればかりか16日には南樺太、17日には千島へ侵攻を開始しました。ソ連は満州で関東軍将兵を中心に約60万人の日本人を拉致し、最長11年にわたり極寒のシベリアで強制労働につかせました(シベリア抑留)。シベリアでの正確な死亡者数は不明なものの、約6万人が、極寒と飢えの中での厳しい強制労働のために死亡したとされます。

満州の惨状・シベリア抑留の概要はこちら ➡ ソ連の満州侵攻(下)―絶望の満州から地獄のシベリア抑留へ

 

マッカーサーの日本上陸

日本が降伏した後、終戦に関する手続きを連合軍と相談するため、日本側代表団がマッカーサーのいるマニラへ飛びました。そして8月30日、連合軍総司令官に任命されたアメリカのマッカーサー元帥は、神奈川県の厚木飛行場に到着。9月2日には東京湾上に浮かぶアメリカ海軍戦艦「ミズーリ号」上で降伏文書への調印式が行われ、ここに3年8か月に及んだ太平洋戦争/大東亜戦争、および宣戦布告のないまま8年前に始まった日中戦争/支那事変は終結しました。これは同時に、明治維新以来77年、日本が進めてきた歩みが終わった瞬間でした。

マッカーサー
マッカーサー元帥。日本占領時、最高権力者として君臨した。

 

次は降伏文書の調印式 ➡ 【太平洋戦争の終結】降伏文書の調印

 

本項は「図説 太平洋戦争」「あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)」を元に構成しました。

 

<より深く知りたい方へ>

「日本のいちばん長い日」(半藤一利著)は宮城事件を中心に、終戦にいたる日本の意思決定過程を丹念に追った作品です。聖断と玉音放送の裏に隠された、日本の歴史上きわめて重大な出来事を知ることができる作品です。オンライン視聴のできる「Amazon ビデオ」と小説をご紹介します。

Amazon ビデオ(オンライン視聴)

日本のいちばん長い日

 

小説

Amazonまたは楽天で購入できます。

 

 

photo: wikimedia, public domain
トップ画像:呉空襲で大破・着底した空母「天城」

Pocket
LINEで送る