大日本帝国 降伏文書(1945年9月2日調印)

Pocket
LINEで送る

1945(昭和20)年9月2日、東京湾上、アメリカ海軍の「戦艦ミズーリ」甲板上において、大日本帝国の降伏調印式が行われました。以下は日本の太平洋戦争降伏文書全文です。

ここに太平洋戦争と第二次世界大戦は正式に終結し、日本は戦後を歩み始めました。

降伏に関する記事は「【太平洋戦争の終結】降伏文書の調印」

<日本語版>

(外務省訳文を管理人が平仮名文へ修正)

降伏文書
1945(昭和20)年9月2日

我々は、日本国天皇、日本国政府、および日本帝国大本営による命令により、かつそれらの代わりに、1945年7月26日ポツダムにてアメリカ合衆国、中華民国、大英帝国政府によって発せられ、後にソビエト社会主義共和国連邦が参加した宣言で述べられた条項を受託する。上記四か国を以後連合国と呼ぶ。

我々は、日本帝国大本営およびいずれの場所にあるかに関わらず全ての日本軍と日本軍支配下にある全ての軍隊が、連合国に無条件降伏したことをここに宣言する。

我々はここに、いずれの場所にあるかに関わらず、全ての日本軍と日本人に対し、直ちに戦闘行為を停止すること、全ての船舶、航空機、そして軍事及び民間の所有物を保全し、守ること、そして連合軍最高司令官または彼の指示による日本国政府機関による一切の要求に従うことを命ずる。

我々はここに、日本帝国大本営が、いずれの位置にあるかを問わず、一切の日本国軍第及び日本国の支配下にある一切の軍隊の指揮官に対し、自身及びその支配下にある一切の軍隊が無条件に降伏すべき旨の命令を直ちに発することを命ずる。

我々はここに、一切の官庁、陸軍及び海軍の職員に対し、連合国最高司令官が本降伏実施のため適当と認めて自ら発し、またはその委任に基づき発せられる一切の布告、命令及び指示を遵守し、かつこれを施行すべきことを命じる。また上記職員が連合国最高司令官により、またはその委任に基き特に任務を解かれない限り、各自の地位に留まり、かつ引き続き各自の非戦闘的任務を行うことを命ずる。

我々はここに、ポツダム宣言の条項を誠実に履行すること並びに同宣言を実施するため、連合国最高司令官またはその他特定の連合国代表者が要求すべき全ての命令を発し、かつ、かかる全ての措置を取ることを天皇、日本国政府及びその後継者のために約束する。

我々はここに、日本帝国政府及び日本帝国大本営に対し、現在日本国の支配下にある一切の連合国捕虜及び被抑留者を直ちに開放すること、並びにその保護、手当、休養及び指示された場所への即時輸送のための措置を取ることを命ずる。

天皇及び日本国政府の国家統治の権限は、本降伏条項を実施するため適当と認める措置を取る連合国最高司令官の制限の下に置かれるものとする。

1945年9月2日午前9時4分日本国東京湾上において署名す

重光葵
大日本帝国天皇陛下および日本国政府の命により、またその代表として

梅津美治郎
日本帝国大本営の命により、またその代表として

1945年9月2日午前9時8分、東京湾上においてアメリカ合衆国、中華民国、連合王国およびソビエト社会主義共和国連邦のため、並びに日本国と戦争状態にある他の連合諸国家の利益のために受諾する。

連合国最高司令官 ダグラス・マッカーサー

アメリカ合衆国代表者 シー・ダブリュー・ニミッツ
中華民国代表者 徐永昌
連合王国代表者 ブルース・フレーザー
ソビエト社会主義共和国連邦代表者 クズマ・エヌ・ヂュレビヤンコ
オーストラリア連邦代表者 ティー・ユー・ブレーミー
カナダ代表者 エル・コスグレーブ
フランス国代表者 ジャック・ルクレルク
オランダ国代表者 シェルフ・ヘルフリッヒ
ニュージーランド代表者 エス・エム・イシット


<英語版>

出典:Ibiblio

Instrument of Surrender

Signed at Tokyo Bay, September 2, 1945

We, acting by command of and in behalf of the Emperor of Japan, the Japanese Government and the Japanese Imperial General Headquarters, hereby accept the provisions set forth in the declaration issued by the heads of the Governments of the United States, China and Great Britain on 26 July 1945, at Potsdam, and subsequently adhered to by the Union of Soviet Socialist Republics, which four powers are hereafter referred to as the Allied Powers.

We hereby proclaim the unconditional surrender to the Allied Powers of the Japanese Imperial General Headquarters and of all Japanese armed forces and all armed forces under Japanese control wherever situated.

We hereby command all Japanese forces wherever situated and the Japanese people to cease hostilities forthwith, to preserve and save from damage all ships, aircraft, and military and civil property and to comply with all requirements which may be imposed by the Supreme Commander for the Allied Powers or by agencies of the Japanese Government at his direction.

We hereby command the Japanese Imperial General Headquarters to issue at once orders to the Commanders of all Japanese forces and all forces under Japanese control wherever situated to surrender unconditionally themselves and all forces under their control.

We hereby command all civil, military and naval officials to obey and enforce all proclamations, orders and directives deemed by the Supreme Commander for the Allied Powers to be proper to effectuate this surrender and issued by him or under his authority and we direct all such officials to remain at their posts and to continue to perform their non-combatant duties unless specifically relieved by him or under his authority.

We hereby undertake for the Emperor, the Japanese Government and their successors to carry out the provisions of the Potsdam Declaration in good faith, and to issue whatever orders and take whatever action may be required by the Supreme Commander for the Allied Powers or by any other designated representative of the Allied Powers for the purpose of giving effect to that Declaration.

We hereby command the Japanese Imperial Government and the Japanese Imperial General Headquarters at once to liberate all allied prisoners of war and civilian internees now under Japanese control and to provide for their protection, care, maintenance and immediate transportation to places as directed.

The authority of the Emperor and the Japanese Government to rule the state shall be subject to the Supreme Commander for the Allied Powers who will take such steps as he deems proper to effectuate these terms of surrender.

Signed at TOKYO BAY, JAPAN at 0904 I on the SECOND day of SEPTEMBER 1945.

[Shigemitsu Mamoru]
By Command and in behalf of the Emperor of Japan and the Japanese Government.
[Umezu Yoshijiro]
By Command and in behalf of the Japanese Imperial General Headquarters.
Accepted at TOKYO BAY, JAPAN at 0908 I on the SECOND day of SEPTEMBER, 1945, for the United States, Republic of China, United Kingdom and the Union of Soviet Socialist Republics, and in the interests of the other United Nations at war with Japan.
DOUGLAS MACARTHUR
Supreme Commander for the Allied Powers.
C. W. NIMITZ
United States Representative
[Hsu Yung-Chang]
Republic of China Representative
BRUCE FRASER
United Kingdom Representative
[Lieutenant-General K. Derevoyanko]

Union of Soviet Socialist Republics Representative
T. A. BLAMEY
Commonwealth of Australia Representative
L. MOORE COSGRAVE
Dominion of Canada Representative
LE CLERC
Provisional Government of the French Republic Representative
C. E. L. HELFRICH
Kingdom of the Netherlands Representative
L. M. ISITT
Dominion of New Zealand Represetative

 




 

Pocket
LINEで送る