【書籍】「ポツダム宣言」を読んだことがありますか?(共同通信社)

Pocket
LINEで送る

【概要】

書名 「ポツダム宣言」を読んだことがありますか?
ジャンル 戦争終結、文書・資料
 著者名  山田侑平 訳・監修
 出版社 株式会社共同通信社
発行年月  2015年8月8日
ページ数 174ページ
 こんな人にオススメ
  •  ポツダム宣言および関連する宣言・文書・発表の文章を、現代語訳付きで知りたい人
  • 戦争終結に向かう流れを手早く知りたい人
  • 特定の歴史観を排除して戦争終結に向かう流れを知りたい人
 専門性 書籍サイン 専門性2
詳しさ %e6%9b%b8%e7%b1%8d%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%80%e8%a9%b3%e3%81%97%e3%81%953

【紹介】

1945(昭和20)年7月26日にアメリカ、イギリス、中華民国3か国代表の名前で発表された「ポツダム宣言」は、日本への無条件降伏勧告であると同時に、戦後日本の出発の原点ともなりました。ポツダム宣言を知ることは、敗戦への道を知ることになると同時に、戦後日本を考える出発点になるとも言えます。本書はそのポツダム宣言そのものを、外務省による訳文(文語体)と英語原文それぞれに対する日本語現代語訳を付し、宣言そのものをじっくり読み解けるようになっています。

さらに、ポツダム宣言が発せられるまでの歴史的経緯や、宣言発行のバックグラウンド、それに対する日本の反応も収録し、戦争終結に至る道筋を多角的に考えられることができます。終戦にまつわる難解な文書とその背景を読み解くには最適の一冊です。

 

 

【もくじ】

  • 1 「ポツダム宣言」を知っていますか?
  • 2 「ポツダム宣言」を読んでみる
  • 3 英語で読む「ポツダム宣言」
  • 4 写真で見る「ポツダム宣言」
  • 5 「降伏文書」
  • 6 「カイロ宣言」
  • 資料(終戦の詔書(玉音放送)、ソ連の対日宣戦布告文、鈴木貫太郎首相談話、「ポツダム宣言」受諾までの外務省電信資料、「ポツダム宣言」に基づく改革、年表)

 

【購入はこちら】

以下の画像または「Amazon」「楽天ブックス」をクリックすることで、Amazonまたは楽天でご購入できます。

 

 




 

Pocket
LINEで送る