被害範囲シミュレーション―もしもあなたの街に原爆を落とされたら

Pocket
LINEで送る

原爆の被害は大規模であり、なかなか想像が付かないものです。そこで、各都市で原爆が落とされた場合の被害範囲をシミュレーションしました。

被害の範囲は広島の事例を参考として、爆心から半径2㎞が全壊全焼(赤のエリア)、半径2㎞~4㎞が半壊(黄のエリア)としました。実際は被害はこの範囲にとどまるものではなく、30㎞にわたる範囲で放射能の雨がふるなど、市の境を越えて長期間にわたり甚大な被害を及ぼしました。

 

スポンサーリンク

 

◆札幌

 

◆仙台

 

◆東京

 

◆新潟(原爆投下候補地)

 

◆名古屋

 

◆京都(原爆投下候補地)

 

◆大阪

 

◆小倉(原爆投下候補地)




 

Pocket
LINEで送る