タグ・アーカイブ: 戦艦大和

Pocket
LINEで送る

世界最大・最強を謳われた戦艦「大和」は、日本海軍がアメリカ艦隊に対抗するための最終兵器として開発した戦艦でした。攻撃力のみならず、各所に当時の最先端の技術が盛り込まれていました。しかし、既に時代は戦艦を中心とした海戦を必要としなくなっていました。日本の期待を一心に背負って生まれた大和は、なすすべもなく悲劇の象徴となっていくことになります。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

1944(昭和19)年10月23日~25日(24日~25日とする資料もある)、フィリピン周辺の海域で日本軍とアメリカ軍を中心とする連合国軍との間の大規模な海戦が発生しました。レイテ沖海戦と称されるこの海戦は、(1)シブヤン海海戦、(2)スリガオ海峡海戦、(3)エンガノ岬沖海戦、(4)サマール島沖海戦の四つの海戦を中心として行われた一連の空・海戦の総称であり、空前の規模で行われ、かつ世界最後の艦隊決戦となりました。この海戦で日本の連合艦隊は残存戦力をかき集めた総力戦を挑んだものの、あえなく大部分の艦船・艦載機を失ったうえ、レイテ湾へ突入し敵補給部隊を撃滅するという目的も果たせませんでした。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

書籍・DVD(特攻)

 特攻-戦争と日本人
(栗原俊雄著)
戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

特別攻撃「特攻」とは何だったのか。その起こりから各戦闘の描写、関わった人がどんな思いでいたのかまで、詳細に丁寧に描写。特攻の全体像を手早く知りたい人にオススメ。
紹介ページ:沖縄戦-空の特攻作戦

 元戦艦大和乗り組み員の吉田満氏(故人)による記録小説。複数の人からの伝聞や一部創作も入っているとされるが、戦艦大和水上特攻直前の様子がありありと伝わってくる作品。
紹介ページ:沖縄戦-海の戦い
 

 

 

 


 💡 さらに多くの商品を探すために-Amazon.co.jpの商品を以下にご紹介します。

  • 希望の商品をクリックすると詳細ページに進めます。
  • 枠内の右端のバーを下へ移動させると、さらに多くの商品を見ることができます。
  • 左下の「全て表示」をクリックするとそのカテゴリーの商品一覧をご覧いただけます(別ページへ移動)。
  • 以下の検索窓に任意のキーワードを入れることで、違うカテゴリーの商品を表示することもできます。

「特攻」カテゴリーの本・DVD

 

「特攻」カテゴリーのオンラインビデオ

 


 

Pocket
LINEで送る