タグ・アーカイブ: 日本軍による残虐行為

Pocket
LINEで送る

マリアナ諸島を攻め落とし、日本機動部隊を完膚なきまでに叩きのめした連合軍は、フィリピンへ大軍を向かわせました。フィリピンの日本陸軍は状況判断ミスにより、兵力を分散させることに。援軍の見込みはなく、「永久抗戦せよ」の命令の元ジャングルの中で終戦が来てもなお戦い続けた、フィリピン防衛戦を概観します。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

着々と植民地を拡大していった戦前の日本は、日中戦争・太平洋戦争を遂行していくうえで、「東亜新秩序」「大東亜共栄圏」という戦争遂行の大義名分を打ち出しました。本項では、東アジアを解放するというスローガンのもと、建設されていく大東亜共栄圏とはどのようなものだったのか、概観します。

 💡 植民地の形成過程はこちら ➡ 日本の植民地と勢力圏(1)-戦前日本の植民地はどのようにつくられたか(概要)

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

太平洋戦争の日本本土における地上戦で、最大の被害を出した沖縄戦。軍民合わせて20万人が亡くなった地上戦は、どのようなものだったのでしょうか。本項では、沖縄戦の地上戦の全体像を概観します。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る