タグ・アーカイブ: 開戦

Pocket
LINEで送る

南方資源地帯確保のための布石

当時「大東亜戦争」と呼ばれた大平洋戦争の基本方針は、インドネシア(当時の蘭印(らんいん)、オランダ領東インド)の石油を中心とする、東南アジアの資源確保を行い、自給体制を築いた上でアメリカやイギリスと対峙(たいじ)するというものでした。そのためには、南方資源地帯からの輸送ルートにあたる地域と、その周辺地域の敵(アメリカ、イギリス、オランダ等)を排除しておく必要がありました。また、今後のオーストラリア方面への作戦展開を考える上で重要になる、西部・中部・南部太平洋の島々も早いうちに確保しておく必要がありました。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

機動部隊出撃

1941(昭和16)年11月16日、連合艦隊の機動部隊は、大分県の佐伯(さいき)湾に集結。17日に山本連合艦隊司令長官の訓示を受けた後、敵に目的を悟られないよう、時間をずらし各艦出発し、真珠湾攻撃の出発地である択捉(えとろふ)島・単冠(ひとかっぷ)湾へ向かいました。11月22日に単冠湾へ集結した機動部隊は、26日朝、ハワイへ向け出発しました。
※機動部隊…空母と艦載機を中心とする部隊で、敵基地や艦船近くまで忍び寄り、艦載機によって空からの攻撃を行う。真珠湾攻撃の場合は連合艦隊のうち、第一航空艦隊を中心とする部隊。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

日本海軍の対アメリカ戦構想

アメリカと戦争になった場合、日本はどのように戦うのか。日本海軍は1904年~1905年の日露戦争以降、太平洋を隔てたアメリカを仮想敵国としていました。日本海軍の持っていた対アメリカ作戦の概要は、太平洋を渡って来るアメリカの艦隊に対し、潜水艦等で相手の戦力を減らし、日本近海に来たところで艦隊主力による決戦によってアメリカ海軍を打倒するというものでした。これは、少しずつ相手の戦力を減らし(漸減、ぜんげん)、迎え撃つ(邀撃、ようげき)作戦ということで、「漸減邀撃(ぜんげんようげき)作戦」と呼ばれました。このようにすることで、日本よりも強大な海軍力を誇るアメリカの力を弱めつつ対抗しようとしていました。その主眼にあるのは、戦艦を中心とする軍艦同士の海戦です。
※ 仮想敵国…ある国が国防や軍備の計画を立てる際に、仮に敵国として想定する国のこと。

 

…続きを読む

Pocket
LINEで送る