ソ連の満州侵攻

Pocket
LINEで送る

前項「ソ連の満州侵攻(上)―参戦準備と戦闘開始まで」では、ソ連が1945(昭和20)年8月9日にソ連・満州国境(ソ満国境)を越えて進行して来るまでを解説しました。ここでは、引き続きソ連が満洲に侵攻した夏 (文春文庫)から、ソ連侵攻下の開拓民が置かれた悲惨な状況と、シベリア抑留がどのようにして実行されたのか、詳しく見ていきます。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

1945(昭和20)年8月9日深夜零時頃、当時日本の傀儡(かいらい)国家(※)であった「満州国」に対し、ソ連(ソビエト連邦)が突如侵攻を開始しました。多くの民間人の犠牲者を出し、戦後50万人以上の人がシベリアで過酷な労働を強いられ、さらには北方領土問題の起源となるソ連の満州侵攻。ここでは、「ソ連が満洲に侵攻した夏 (文春文庫)を元に、ソ連の対日参戦(日本と戦争すること)の準備から攻撃開始までを見ていきます。
※傀儡国家…形式的には独立しているが、実質的には他国によって操られている国家(goo辞書より)

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

1945(昭和20)年8月8日午後11時、駐ソ連対し佐藤尚武に対し、ソ連外務大臣モロトフに宣戦布告文を手渡した。この直後、ソ連の満州侵攻が始まった。以下、1945年8月10日付朝日新聞を現代かな遣いに改めて掲載。(出典:「ポツダム宣言」を読んだことがありますか?

関連ページ「ソ連の満州侵攻(上)―参戦準備と戦闘開始まで」もぜひお読みください。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る