特攻作戦

Pocket
LINEで送る

書籍・DVD(特攻)

 特攻-戦争と日本人
(栗原俊雄著)
戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫)

特別攻撃「特攻」とは何だったのか。その起こりから各戦闘の描写、関わった人がどんな思いでいたのかまで、詳細に丁寧に描写。特攻の全体像を手早く知りたい人にオススメ。
紹介ページ:沖縄戦-空の特攻作戦

 元戦艦大和乗り組み員の吉田満氏(故人)による記録小説。複数の人からの伝聞や一部創作も入っているとされるが、戦艦大和水上特攻直前の様子がありありと伝わってくる作品。
紹介ページ:沖縄戦-海の戦い
 

 

 

 


 💡 さらに多くの商品を探すために-Amazon.co.jpの商品を以下にご紹介します。

  • 希望の商品をクリックすると詳細ページに進めます。
  • 枠内の右端のバーを下へ移動させると、さらに多くの商品を見ることができます。
  • 左下の「全て表示」をクリックするとそのカテゴリーの商品一覧をご覧いただけます(別ページへ移動)。
  • 以下の検索窓に任意のキーワードを入れることで、違うカテゴリーの商品を表示することもできます。

「特攻」カテゴリーの本・DVD

 

「特攻」カテゴリーのオンラインビデオ

 


 

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

1945(昭和20)年3月末、ついに琉球列島にアメリカ軍が侵攻を開始し、日本軍は航空機による大規模特攻作戦で抵抗しました。わずかに残された連合艦隊の艦艇も、特攻出撃の命が下されました。日本海軍の象徴であった戦艦大和は、「一億総特攻」の先駆けとして、万が一にも生還を期すことのできない作戦へ出発しました。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る

Pocket
LINEで送る

特攻しかない-日本航空戦力最後の一撃

マリアナ沖海戦、台湾沖航空戦、レイテ沖海戦の相次ぐ大敗北で、日本海軍は航空兵力のほとんどを失いました。レイテ沖海戦では空母部隊が消滅しています。また、南方の資源輸送路が遮断(しゃだん)されつつあり、航空機や艦船を動かす燃料や、それら兵器を生産する原料も満足に得ることが出来なくなりました。そのような折り、硫黄島を1945(昭和20)年3月下旬に陥落させたアメリカ軍は、沖縄への侵攻を始めます。

…続きを読む

Pocket
LINEで送る